遺産相談で最も案件が多いものは何か

遺産相談の中でも最も案件が多いものは、相続財産に関する税金の問題です。相続に関しては遺産相談の一環として事前に行っておかないと、税務署からかなり厳しい指導が入ってしまったり場合によって最悪の事態になってしまうことも考えられるので、しっかりと相談しておかなくてはいけません。遺産に関する相続税に関して厄介な点が存在するのは、相続税が全て一律に課せられるわけではないということです。相続税の税率はそれぞれの財産によって異なっており、中には財産と呼べるものでも税金を支払わなくても良いものがあります。

また、反対に一見して税金を支払わなくても良いように見えるものであっても税金を支払わなくてはいけないものもあります。例えば、生命保険などによって遺された家族が財産を得た場合には、一定範囲に対して税金の控除が認められています。生命保険は生前にかけられた家族に対する保証に他ならないので、このお金から税金をとるのは倫理的に間違っていると解釈されているからです。同じ理由で、仏壇に飾られている道具なども財産的な価値があっても税金をとることは許されていません。

遺産相談で税金の相談をする時には、まず亡くなった人がどのくらいの財産を遺しているのかを全額把握しなくてはいけません。少しでも漏れがあると追徴課税の対象となってしまうので、後で余計なトラブルに巻き込まれないようにするためにも正しい税額を計算して納めるように心がけましょう。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.