不動産の場合の遺産相談

相続が発生し、被相続人が遺した財産がある場合には、相続人によって遺産相続を行うことになります。相続手続とは、被相続人名義のものを相続人名義に変更する手続きです。もし不動産が相続財産として遺されている場合、どのような手続きが必要になるかと言いますと、最終的には法務局で相続登記を行うことになります。しかし、法務局に行くまでにはいろいろな書類を集める必要があります。

この相続登記の申請に一番大事な書類となるのが『遺産分割協議書』です。これは相続人が複数存在する場合に『どの財産を誰が相続するのか』という遺産相続についての話し合い(遺産分割協議)の結果を証明した書類です。この書類には相続人全員の署名、捺印がなされ、全員の印鑑証明書が添えられることになります。しかし、この遺産分割協議がうまくまとまらない場合がほとんどです。

遺産相談の内容にはこの不動産に関する遺産分割の相談が多くあります。宅地や雑種地など、価値の高い不動産については誰もが相続したがります。また、逆に山林などの価値の低い不動産については相続したがりません。相続人の人数が多い場合、この不動産の分割でもめることになります。

揉めた結果話し合いが成立せずに、被相続人の名義のまま残されているような物件も多く見られます。このような問題を抱えて遺産相談に来られる人がいますが、これは相続人同士で解決すべき問題であり、遺産相談で出来ることはアドバイスくらいです。相続人同士での解決を目指すことをお勧めし、解決しない場合の『家庭裁判所での調停』を紹介することになります。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.