弁護士になるための準備

法律の知識を駆使して、人を助けたいという場合には、弁護士になることを考える人は少なくないでしょう。その場合、どのようにしてなるかを考える上で注目しておくべきポイントが二点ほどあります。まず、法科大学院を卒業してから司法試験を受験する場合です。弁護士になるためには、司法試験を受験せねばならず、その受験資格を得るには、法科大学院を卒業する必要があります。

法科大学院には、法律既修者コースと未修者コースがあり、法学部出身者でなくても進学をすることが可能になっています。次に、司法試験の予備試験を受験して、合格してから司法試験を受験するというルートです。これは、法科大学院に進学せずに弁護士になるという方法です。ただ、こちらの試験を経た人のほうが司法試験の合格率は高いのですが、難易度がとても高いために、司法試験対策を行っている予備校などに通いながら受験をすることが近道なのではないでしょうか。

独習で合格する人もいますが、学者が書いた基本書と、司法試験対策の予備校が書いた参考書、過去問、模試、合格者の答案などを参考にしながら勉強することは必須になってくるでしょう。これらのことに気を付けた上で、どちらのルートで自分が弁護士を目指すべきかを検討していきましょう。何かわからないことがあれば、司法試験の受験経験者など、詳しい情報を知っている人に質問をするようにして、疑問点が残らないようにしていくと良いでしょう。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.