最強の弁護士でも、営業力で収入に開きがあります。

世の中に法律家と呼ばれる職業は、行政書士や司法書士など多数ありますが、最強なのは弁護士です。当然、資格を取るにも何年も浪人することがザラで、それでも合格すればバラ色の人生設計が描けます。行政書士は町の法律家と言われることがありますが、行政書士で解決できることは現実には皆無です。つまり町の法律家というのは過大評価で、町にいる法律家に過ぎません。

司法書士も司法試験と同じくらい、年度によっては司法試験より難しい時もあります。司法試験に合格して司法書士試験に落ちることはザラです。しかし、難関な司法書士試験に合格しても、法律家としての格は弁護士に比べると劣ります。行政書士は司法書士よりかなり格は劣ります。

司法書士や行政書士は、所詮、代書屋に過ぎません。つまり、本人に代わり代筆をしているに過ぎません。肝心な法律行為(権利義務)は、本人が行わなくてはなりません。例えば、ヤミ金からお金を借りて返済が滞った場合、弁護士であれば債務者に代わって債権者と直接交渉をしてくれますが、司法書士や行政書士に相談しても、ヤミ金との交渉は債務者本人が行わなくてはなりません。

ヤミ金は金融のプロで、許可を受けずに営業を行っているので、違法な行為をいつまでも続けてきます。このように、弁護士は法律家の中では最強ですが、日本では古くから阿吽の呼吸で成立していることが多く、白黒はっきりさせる欧米的な思考は敬遠される風潮があります。そのため、法律家最高峰の資格があっても日本で稼ぐには大変で、一般サラリーマンの年収に満たない方も多く、弁護士にも営業力が不可欠です。広島の交通事故の弁護士のことならこちら

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.