弁護士には様々な業態があります

弁護士は言わずと知れた、我が国最難関を誇る国家試験である、司法試験に合格したものがなることのできる職業であり、社会的にも非常に責任の重い職業でもあります。主な仕事としては、金銭問題や離婚問題、遺産相続に関する所謂、民事事件を取り扱ったり、殺人事件や窃盗事件、暴行、傷害事件といった刑事事件の弁護を請け負うこともあります。また、最近ではよくCM等で放送されているように、借金の過払い金を取り戻したり、交通事故の示談交渉を請け負うなど、国内の法律に携わる問題に関しては、ほぼ全ての弁護活動に関わることができるのです。このような強力な権限を持つ資格ですので、その選考試験である「司法試験」は非常に難関なものです。

現在は受験資格が変更され、若干は合格しやすくなったものの、以前は合格率2パーセント程度という非常に高い難易度でした。そのため、受験者は相当な決意と使命感を持って、弁護士を目指していました。このような高い使命感と高度な知識を持つ弁護士は、社会的弱者の最後の希望でもあるのです。犯罪被害にあった人たちは、例え己に非が無くとも、金銭的又は世間体様々な理由で泣き寝入りすることもあるのが現実です。

そのような人が一人でも少なくなるように、常に弱い方の見方に立ち、どんな権力やしがらみにも囚われず、社会正義を貫くのです。近年では弁護士を目指す人が増加してきているようですが、崇高な理念を持った素晴らしい弁護士が一人でも増えてくれることを国民は望んでいます。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.