水漏れやつまりが起きたときの対処法

「水漏れ」や「つまり」は頻繁に起きることではありませんので、普通の人は戸惑うことがあって当然です。普段からやっていることですと、それなりに経験も積むことになりますので少しずつうまくなることもあります。しかし、頻繁にあることではありませんと技術の習得も簡単にできるわけではありません。それでもいろいろな情報を仕入れておいて少しでも慣れておけば、なんとなくできるようになるものです。

そこで「水漏れ」や「つまり」が起きたときの対処法について説明いたします。まず「水漏れ」ですが、この症状を発見したときに最も重要なことは漏れている箇所を特定することです。なぜなら、水の滴が垂れているところが漏れている箇所とは限らないからです。例えば、蛇口の根本から漏れている場合も滴が垂れるのが蛇口の先ということがあります。

ですから漏れている箇所を特定することが最も大切です。それさえわかったならあとはその個所の部品を交換することでほとんどが修理可能です。道具はそれなりに必要ですが、実際に作業をしてみて必要になったときに揃えるのでなんの問題もありません。道具の面で言いますと、「つまり」のほうが専門的な道具が必要なケースが多くあります。

基本的な道具はラバーカップですが、これは百円ショップでも売っていますのでこれは事前に揃えておいたほうがよいものです。ラバーカップでも修理できないときはパイプクリーナーを使いますが、ホームセンターなどに行きますと、専門業者も使いそうな道具を売っていますので最悪の場合はそれを購入するのも一つの方法です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です