水のトラブル「水漏れ」や「つまり」の対処法

人が生きていくには水は必須のものです。もちろん食料品が最も大切ですが、水がなければなにもできません。その水のトラブルには大まかに言って2つの種類があります。それは「水漏れ」と「つまり」です。

どちらが起きても生活に支障をきたしますので、すぐに業者に工事を依頼することを考えますが、その前に一応試してほしいことがあります。業者に依頼するのは最後の手段です。「水漏れ」と「つまり」では緊急性が高いのは「つまり」のほうです。もし、キッチンのシンクから水が流れなくなったならお水を使えなくなってしまいます。

キッチンよりもおトイレのほうが問題です。それほど「つまり」は大きな問題です。「つまり」を解消するために最初に試してみる方法はラバーカップで異物を取り除くことです。ラバーカップは100円ショップでも販売されていますので日ごろから備えておいてよい道具です。

ラバーカップを使うコツは「押し出す」のではなく「引き出す」ことです。このコツを知っているのと知らないのでは大きな違いがあります。ラバーカップで解消しないときはパイプクリーナーという道具を使います。これはホームセンターなどで千円程度で販売されています。

針金を太くした感じのものでこれを配管の中に突っ込んで異物を取り除く方法です。もしこの方法でも解消できないときは業者に依頼するのが賢明な対処法です。「水漏れ」が起きるほとんどの原因はナットの緩みか接合部分にあるゴム製のパッキンの劣化です。ゴムですのでどうしても固く小さくなってしまいます。

ナットの緩みがあったなら締めればよいですし、パッキンが原因のときは交換すれば「水漏れ」は解消できます。トイレつまりの漏れのことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です