雨漏りの修理とその費用

雨漏りは不快なだけではなく家自体も傷む原因になるため早目に修理をしたいものです。しかも急に突然起こる場合や台風などが来た時だけ起こる場合、知らず知らずのうちに広がったシミで気が付く場合など様々なパターンがあります。一般的に雨漏りの原因というのは棟板金という箇所やスレートのヒビ、漆喰の劣化、瓦の崩れ、樋、天窓、屋根全体の劣化などが多く、それぞれに雨漏りの修理費用も変わってきます。例えばヒビや一部分の劣化、瓦、樋が原因の雨漏りの修理は30万円~100万円くらいが相場と言われ、比較的新しい屋根で部分的に治すのでしたら応急処置(3万円~10万円前後)で済みますが屋根全体を治すとなると時には100万円~300万円ほどもかかる場合もあります。

ですからもしも自分で雨漏りの原因がわかり、治せる範囲であるならば自分で出来る雨漏りの修理方法もありますので試してみると良いでしょう。中でも一番自分で治しやすいのがスレートのヒビ割れや棟板金でシリコン防水コーキングを補てんしてあげると良いです。またスレートの場合はコーキングの後にシーラーを上から塗る事で応急処置が出来ますし、漆喰に関しても表に出ている箇所の劣化であればホームセンターで購入できる補てん材や漆喰を埋め込む事である程度は応急処置が出来ます。ちなみにベランダのヒビから雨がしみ込み雨漏りになる事もありますので、思い当たる方はベランダに水を撒いてみて、もしもしみ込むようならば防水コーキングをしてみるのも効果的です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です